<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フレンチ〜シェ松尾 | main | フレンチ〜Cafe & Bistro des Freres POURCEL >>
本荘ゼミ実践中。
vi、がんばってます!

6/21の記事について、パニくったvivimamaに、暖かい励ましのお言葉をたくさんいただき、みなさまどうもありがとうございましたポロリ
結局、「要求」に対して「無視」をすることによって自立させるという方法でがんばることにし、私にとっての大問題だったショックを与える方法は、飼い主がここまで暗い気分になってしまうのでは、viviにかえって悪影響があるとの判断からやめることにしました。
アドバイスをいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

実は、トレーニングの後しばらくパニック状態だったため「viviちゃん、もうこうやってお話したりちゅっちゅしたりしちゃダメなんだって〜・・・どうしよぅポロリグスン・・・」と、さらに過干渉に拍車がかかっていた私ですが、今は、彼女が何か言いたげにこちらを見ていても、こちらが用がない時には目を合わせないようにしています。
そのことによって、viviは今まで以上に私たちを見つめるようになり、嬉しい反面無視するのがつらいので、編み物がはかどりまくっています(笑)

そして、しつけ道的には、犬に話しかけるのもNGらしいのですが、話しかけると首をかしげて一生懸命に聞くviviの表情が大好きな私。これもある程度はOKということにしました。がんばりすぎは禁物ですからね・・・

viviはというと、ここ1週間ほどの私たちの様子の変化を敏感に察知し、お水も徐々に飲めるようになってきております。
最初は「ワンワンワーン!(なぜ?どうして?)」がひどかったものの、もう吠えることも少なくなりました。
そこには、viviの、がんばろう、自立しようという意思が見え、今までどれだけ私たちが彼女のできることを少なくしてしまっていたのかということを、つくづく考えさせられました。

本荘先生に教えていただいた方法で、日々実践しているのは、家の中でのリードコントロールですが、驚いた事にこれについては、かなりのスピードで進化を遂げているように感じます。

ブラッシング時にリードを装着すると、まったく動かなくなったばかりか、うっとりした顔をするようになりました。これにはたまげました・・・
いつもぴょんぴょん飛び跳ねてブラシを噛もうとし、あわよくばmamaのことも噛もうと、ちっともじっとしていなかったviviがポロリ

そして更なる嬉しい出来事が・・・

ここ半年というもの、基本的に外でしかトイレをせず、どうしても我慢ができなくなると、キッチンマットの上でするというポリシーを貫いてきたviviですが、ついに、トイレシーツの上でチッコができました汗

土曜日に、ハピメリがトイレをするところを一生懸命見ていたので、その影響が大きいと思われますが、やはりこれも、自立心が芽生えたことの表れではないかと思うのです。

今までのviviは、水の器もトイレも「こわいの、たしゅけて・・・」と常に私たちに助けを求め、私たちがそれに応えることで、関係を確かめていたのだと思います。ここ数日の私たちの変化によって、徐々に自立心が芽生え、いろいろなことができるようになってきているように感じます。

そして何よりも、不安なことやストレスから徐々に解放され、明るくのんびりとした雰囲気に変わってきたように思います。

これは、まだカンペキとは言えないまでも、飼い主に対する安心感や信頼感が生まれてきたことにより、viviが今までのように、何かに過敏に反応したり、神経質になる必要が薄れてきたからではないかと思うのです。

みなさんから、十分よいこなのに・・・と言っていただけるviviですが、今回このようにしつけをがんばろうと思ったのは、何よりも、彼女をストレスにさらしておくわけに行かないと思ったからなのです。
愛情・・・といえばそうなのですが、そこには、自分たちの、彼女に健やかな犬生を過ごしてもらいたい、そして、一日でも一秒でも長く私たちのそばにいてもらいたい、という気持ちが強くあります。

そして、数日でのこの変化・・・
これからも、彼女のよいリーダーとなるべく、彼女がストレスに苛まれたり、そのせいで飼い主を噛んだりすることがないよう、日々努力を重ねようとあらためて決心しました。

応援してくださっているみなさん、本当にどうもありがとう。

これから、生まれ変わったviviの笑顔をたくさんたくさん載せていきます。
どうかvivi家の成長を見守ってやってくださいねハート
Related Posts with Thumbnails
自分の中でちゃんと消化して躾に取り入れられてるんですね^^
スゴク良い事だと思います。

そうそう、犬がリーダーになるよりも飼い主がリーダーになった方がワンコは長生き出来るそうですよ
群れのリーダーは気を使うので下位の者より寿命が短いと聞きました。

元気で長生きして欲しいですものねー♪
私も躾頑張らないとっ!!
ももちい | 2007/06/26 2:12 PM
お久しぶりです〜

躾ってむずかしいですよね〜
全てが先生の言うとおりではないですもんね。。
viviちゃんのことをよく知っているパパとママがオリジナルをあみ出して、よりよくなっている感じがしますね〜。
うちも随分パルには苦労しました・・まだまだですが。。
そして我が家には、まだまだこれからのチビッコ達もいます・・・のんびりがんばりましょうねぇ〜
つぶ | 2007/06/26 2:51 PM
mamaさんもviviちゃんもがんばってますね〜
にしてもお陰で編み物がはかどってるとは
以外な効果 笑
でも話しかけるのもNGなんですね・・・
コミニケーションとったりするのにいいと思ってました><
うんうん、けどがんばり過ぎは禁物
ある程度はぜんぜんOKだと思います^^
viviちゃんお外でしかトイレしなかったんですか??
キララは逆でお外では数える程しかした事ありません。。
でもここ数日で本とに変化があったみたいですし
きっとどんどんお利口になっていくと思いますよ♪
これからもがんばり過ぎない程度でがんばって下さいね
プー家も参考にさせていただいて
ミンクとキララの躾し直します^^;
一緒にがんばりましょうね〜
プーちゃん | 2007/06/26 3:09 PM
前の日記にコメント書こうとして、何度も書き直して結局あきらめてしまったので、ココでリベンジを。

うちもしつけには本当に神経質になりました。
(そして今も・・・)
特に、気に入らない事があった時の噛みつきがひどくて、治すのに時間がかかりましたが、今ではうちの怪獣に無理矢理抱っこされてもヴ〜、とも言いません。
それはそれで、こちらがそんなことをされているのに気付かないので、とても怖いのですが(怪我とか・・・)
ちなみに、↑に対しては、今では怪獣に躾をしています(笑)

役に立った!というのは↑くらいしかありませんが、子どももワンも大事なのは躾なんだなぁと、思っています。
vivimamaさんの日記読んで、うちも頑張ろうと思いました♪
翠子 | 2007/06/26 10:18 PM
今度、教えてもらおかな〜
この頃レオンが私の事を無視します。
これって私が躾されてるって事なのか?
うぅぅぅ
leonpapa | 2007/06/26 11:15 PM

感動しました。

そして、わが家も、あきらめずに、林檎のために
私が、変わっていこう!
頑張りすぎずに頑張って行こう!
と思うことができました。

有難うございます。
Izumi | 2007/06/27 12:41 AM
おはよう〜
効果がどんどん出てるなんてスゴイねっ^^
がんばった甲斐があるね〜
しつけは何がよくて、何が悪いのかわからない…
ましてワンコは人間とちがって将来社会に出て自立するわけじゃないし(笑)
だから、飼い主がリーダーになって飼い主の都合のいいように育ってくれればいいと私は思ってるの
なかなか、レナも私をリーダーって思ってくれないところが難しいけどねっ^^;
だから、私は今までのvivi家の方針はとってもvivi家にとっていい関係を作ってる思ってました!!
でも、ちょっと変えるだけで、こんなに効果があるなんてスゴイよね!!
ただ、vivimamaのストレスが心配(笑)
お互い、子育てがんばろうねっ
yuki | 2007/06/27 7:20 AM
ももちいさん☆
そうなんですよね、今まで、リーダーシップが必要と漠然と思っていただけで、彼女のストレスと結びつけて考えられないでいました。ということに、今回気づきました。
今回のことで、自分の中の信念のようなものがはっきりしてきたのはすごくよかったと思っています。
いろいろアドバイス、ありがとう^^

つぶさん☆
vivi家にはvivi家の、それぞれのワンコにはそれぞれのしつけ・・・があることが分かりました。
そういう意味では、つぶさん家は三種三様で、きっと大変でしょうね〜、とってもやりがいがありそうです(笑)
そうそう、のんびりが一番ですね、すぐあせるのが私の悪い癖。つぶさんを見習ってのんびりのんびりがんばります♪

プーちゃんさん☆
話しかけるのは、言葉を理解しようとして出来ずストレスになるとのことです。・・・でも、ミンキラちゃんも、viviも、きっとばっちり理解できてますよね〜( -ノェ-)コッソリ・・・って親ばかなのでしょうか?(笑)
トイレはいいなー、うちも中だけ派になってほしいものです。外チッコが問題視されているこのご時世・・・

翠子さん☆
うわ〜、お時間割いていただいたようですね、スミマセン、ありがとうございます((。´・ω・)。´_ _))ペコ
怪獣ちゃんvsベガちゃん、、力関係がとっても難しそうです。バランスが大事ですよね。
そして、ベガちゃんもとっても繊細なので、やはり我慢の糸が切れちゃう時があるのですね、よく分かります。
お互いがんばりましょうね^^

leonpapa☆
無視されてるん?(笑)
leonの教えに従ってよいこになるのだよ〜
しつけってほんと、難しいね〜・・・また今度話しましょう。

Izumiさん☆
そういっていただけると嬉しいです( ;∀;)
犬のしつけでは、飼い主が変わらないとダメなんですよね、犬ではなく。そのことを忘れかけていました。
林檎ちゃんがボールを持って来てくれるようになったのも、きっとIzumiさんの思いが伝わったからでは・・・
お互い、気長にがんばりましょう!

yukiちゃん☆
昨日の夜あたりから、反動?揺り返し?また反抗的になってます(汗)一筋縄ではいかないねー・・・
今回、私も、自分のことだけでなく、yukiちゃんとレナちの関係や、他のみんなのところの関係をみて、やっぱりそれぞれの家に合った方法があるな〜と思いました。
レナちの訓練は楽しそう・・・と思ったのに、レナちの訓練後の表情には笑ってしまいました(笑)
vivimama | 2007/06/27 11:25 AM
もう効果が出てきているのだね〜
そして嬉しい副産物も(^^)
土曜はいっぱい話ができてよかった。とっても感銘を受けました。ありがとう。
我家もハピメリとの信頼関係をより深くするために、ドッグタイムレースやP&Gの講習会に行ったり参戦したり、7月からはK9ゲームに本格的トライをしていくつもりだけど、でもvivi家と話をするまで根本的なところを忘れていた気がしました。それはリーダーシップとストレスの関係・・・
今まで雑誌やしつけ本に書いてあるリーダーシップという言葉と、愛犬のストレスとの関係性をちゃんと理解して実行していなかったように思った。
それでね、ちょうど今週月曜に、たまたま見つけた本がまさにそんな迷いに答えを与えてくれてる内容だったの!
この記事でvivimamaが書いていることとも共通だったし、
一見ストレスのないように見えるハッピーも、興奮しやすいその行動を許していては、ストレスに結びつくらしい・・・
私もハピメリには一分一秒でも長生きしてもらいたいので、ハピメリがストレスを感じないよう毅然としたリーダーでいようって心に誓ったよ〜
考える機会を与えてくれてありがとう★
またいっぱい話をしようね!


ちなつ@ハピメリ家 | 2007/06/27 11:05 PM
ちなっちゃん☆
こちらこそどうもありがとう。ハピメリ家とお話して、すごく気持ちを整理できたし、大事な事に気づかされました。
感謝感謝です^^ ちなっちゃんが買った本もよさげ♪さっそく購入してみようと思います。情報ありがと☆
お互い、よいリーダーになれるよう、また情報交換しながらがんばろうね!
vivimama | 2007/06/28 10:30 AM
うちの場合はわいが躾したわけやないから何とも言えへんのやけど
基本的に水もどんな入れ物でもOK、風呂OK、NOで停止状態やったから
そんなに教えることはないと思うとったんやけど・・・・
吠え癖は多少あるかもしれまへんなあ〜
特にVIVIちゃんと一緒で来客があると制御が利かない場合もあって
これはこれで修正せなあかんなと。。

吠えた時にNOと言わなあかんときも実はかなり声をでかくせな止まらんし。。。。
けどリードを引くんはわいも気管の病気のことを考えるとそう簡単にはできまへん。
今まで「ええこええこ」でそういう体罰的なもんをしてこなかったんなら
なおさらキツイことかもしれへんのう・・・・・
気い失いかけるっちゅうん意味もわかるような気がしますわ。
それでもそんな「リード引き?」をやめてもたった数日でVIVIちゃんに変化があったんは
やっぱPAPA&MAMAの努力のおかげやんね。
他人事ではないだけにこれからも参考にさせてもらいます。
今回はホンマによう参考になる記事でよかったです。おおきに!
Y | 2007/06/28 5:51 PM
Yさん☆
サザビーちゃんは、Aさん仕込みですからね^^
Aさんの、過去記事で、「No」だけ教えるっていうのがあって、生きていく上で必要なことだけはしっかりと・・・という方針にとても感銘を受けた事を覚えています。
ビッコちゃんは怖がりタイプではなさそうでうらやましい・・うちもビビリンボ克服目指してがんばります!
vivimama | 2007/06/29 12:44 PM
COMMENT









Trackback URL
http://vivi20050126.jugem.jp/trackback/564107
TRACKBACK