<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< GW終盤・・・ちょっと休憩☆ | main | 横須賀さんぽ&アクアマーレ☆ >>
GW最終日は病院で〆っ。

20130506_132236.JPG

GW最終日は、午前中お散歩をして、お昼前に獣医さんに行ってきました。

さて、毎日元気すぎるくらい元気なFranちゃんが病院に連れて行かれちゃったそのわけは・・・


・・・と、その前に^^

20130506_101614.JPG

いつもの公園でお散歩です♪

20130506_095510.JPG

ご近所のイケメンパピヨンのルイ君♪
ちょっとFranちゃん、他のワンコに対するのと態度違くなーい?(笑)

そしてそして・・・


20130506_100725.JPG

つれちゃんだーーー♪
歩いていたら、後ろから声をかけてくれました、AKIさん&パパさん、ありがと☆

つれちゃんは、viviと年齢も近い、パパママ会のお友達なの♪ 久しぶりに会えて嬉しかったな〜♪ つれちゃんも、もっこもこでおめめくりくりのポメ系パピ(笑)だから、いつもとっても親近感だったの♪

20130506_100506.JPG

Franちゃんも、パピヨンのお姉さんに大興奮!!嬉しすぎてぐるんぐるん走り回っちゃいました。つれちゃん、驚かせてごめんね〜><

また会えますように^^

20130506_101707.JPG

つれちゃんとお別れした後は、木陰で休みつつのんびりしました♪ さて、病院にGoですよ・・・

20130506_115636.JPG

誤嚥性肺炎でお世話になったところよりも家から近くて、平日に万が一何かあっても、mamaがバスで10分で連れて行けるという理由により、今回は、「めぐみ動物病院」に行ってみることにしました。

もともと、みなとよこはま動物病院の元町分院(現在は閉院しています。)の院長をされていた上田先生が、2年前に開業された病院なので、施設も新しくてきれいです。

上田先生には、2009年4月に、viviも元町分院で診ていただいたことがあります^^
こんなに家から近いところに、よい獣医さんが見つかったのも、viviたんのお導きなのかな♪

20130506_114732.JPG


1.避妊手術の相談


いつごろ手術をしたらよいか、相談しました。

・避妊手術自体は、2ヶ月の子犬でも可能。
・1回目のヒート前に手術をすることにより、乳腺腫瘍は97%回避できる。

viviの時もこの確率のことは知っていましたが、体重がなかなか増えず1回目のヒート後になってしまったのですが、Franは身体的に問題なさそうなので、できるでしょうとのこと。(聴診では心臓に問題がなさそうなので、麻酔については大丈夫そうとの判断でした。)

ただ、血液検査をしていただいたところ、BUNの値が基準値を超えていました。(基準値上限29のところ、59)
肝臓などの他の値は問題ないため、腎不全が原因ということは考えにくいので、おそらく食事性のものだと思われるとのこと^^;

手作り食をしているとお話したところ、「どれくらいお肉をあげていますか?」と聞かれ・・・「1日100グラムくらい」と答えると、「それは、人間の老人の一日のお肉摂取量です( ̄  ̄)・・・」と。。。

・・・つまり、多すぎるということらしい(汗)

先生のお話では、お肉はその半分か1/3くらいでよいのだとか^^;
その分炭水化物(お芋とかごはんとか)に置き換えてくださいとのことでした。

それからジャーキーは、市販のものではなく手作りであれば、与えても問題ないとの事でした。

手作り食の場合、まだ情報が混とんとしているので、たとえば「犬には生肉だけでよい」と断定しているお店もあったりするのですが、それを妄信するのは危険ということもおっしゃっていました。

結果、今回BUNの値がひっかかってしまったので、これから1週間お肉の量を減らしてみて(涙)、再度血液検査と、レントゲン診断(腎臓を見る・・・まれに1つしかないこともある。)をした上で、問題なければ、11日(土)に避妊手術をしていただくことになりました。

決心はしているものの、やっぱり、健康な体にメスを入れるのは辛いですね・・・(涙)


2.ワクチンの追加接種

これまで、1回目を12月13日、2回目を1月27日に接種していますが、やはり、1回目が生後60日以前であることと、パルボは特に抗体ができにくいということから、3回目も受けた方がよいとのことでした。

ワクチンについてはいろいろ思うところもありますが、先生におすすめいただいた9種「キャナイン-9供廚鮴楴錣靴泙靴拭

血液検査で血を抜かれた時はウンともスンとも言わなかったFranちゃんですが、ワクチンでは「ひーん><!!」・・・「えっと・・・まだ、針刺してないんですけどね^^;」と先生。
そしてそのあと針を刺されても鳴きませんでした・・・(笑)

20130506_120029.JPG

しかも、その後先生から説明を受けている時、おひざでぐーぐー寝はじめたFranちゃんに、先生がちょっとあわてたように「お?大丈夫?Franちゃん?」と呼びかけると、「ん?なぁに?」と目を開け・・・つまり、先生はワクチンによるショックなどを心配されたのだと思われますが・・・先生、すみません><Franは図太いだけなんですっっっ・・・みたいな・・・。確かに・・・診察室で寝るってねぇ(爆)

ちなみに、「今日は安静にしてください」と言われたのですが・・・おうちに帰ってきてからもしばらく大興奮で走り回ってました(汗)

それからめずらしくちょっとう○ぴがゆるめに・・・ワクチンのせいかな?(ゆるかったのは1回だけで、その後は戻りました。)

今週は特に予定もないので、ゆっくり様子を見ようと思います。


3.パテラ

体重は1.74キロになっていました^^

上田先生は、外科・整形外科(膝蓋骨脱臼,股関節形成不全等)に強いみなとよこはま出身の先生なので、念入りに触診してくださいましたが、なんと!足についてはパテラは見られないとの嬉しいお話♪♪♪

ただ・・・見た目で気になっていた、前足の湾曲について聞いてみると、やはり少し湾曲気味とのことでした(涙)

小さい個体なので、どうしても完璧というわけにはいかないそうです。

そして、「『とにかく健康な子』ということにこだわるならば、かわいくない子を選びなさい」とおっしゃっていました(爆)
先生の出された例が面白かったのですが、ウーパールーパーなんかは、かわいいイメージですが、本当のウーパールーパーはでっかくて全然かわいくないんだとか。よく知られているかわいいのは、ある意味奇形だからなんだそうです。

でも、「(骨格からすると)まだまだ大きくなりそうだな〜^^」と先生!
てっきり、「この月齢でこの体格は小さすぎる」とか言われるんじゃないかと思っていたので、これも嬉しいお話でした♪


4.ヘルニア

でべそ・・・触っていただいたところ、それほど問題ではないそうですが、避妊手術の際に一緒に手術していただくことになりました。

20130506_132317.JPG

Fran・・・ワクチンの後遺症は出ないかな?大丈夫かな?


5.咳が気になる

今も時々・・・水を飲んだ後などにむせることがあったり、朝晩に咳が出ることがあるのですが、やはり、気管がもともと細く、弱いかもしれないとのこと。

これについても、小さい個体なのでどこかしらそういう部分があっても仕方がないとのことでした。

漢方を使って強化することは可能とのことなので、それについてはまた検討することに。


6.フィラリア、ノミ、ダニ

最近、マダニによって死亡者が出ているので、今年は、マダニに効かないレボリューションは不人気とのことでした。

viviについては、レボリューションにこだわっていたのは、自分たちなりにいろいろ調べて、一番身体への負担が少ないと判断したからです。

今はいろいろと種類があって迷うのですが・・・結果的にはFranも滴下タイプのレボリューションで予防をすることにしました。

まず、一番お散歩をする根岸森林公園には、マダニがいないということ。このあたりは飼い主さんの予防が徹底しているため、フィラリアの被害も報告されていないそうです(嬉)
(ちなみに、以前住んでいた品川区では、毎年10件くらい発症の報告がありました。)

であれば、旅行先などで、マダニがいそうな場所を極力避けることにして、身体の負担の軽減をとることにしました。

20130506_143817.JPG

だ・・・だいじょうぶそうですね(汗)

7.う○ぴ検査

実はFranちゃん・・・軽井沢旅行で、他のワンコの干からびたう○ちを、食べました(号泣)

旅行記は美しい想い出でいっぱいにしたいので、この事実は隠ぺいしようかと思いましたが(爆)、やはり心配なので、朝のう○ぴを持って行って検査をしていただきました。

結果は、まったく問題なし。寄生虫も悪玉菌もまったく見られないとのことでした(ほっ。)

それにしても・・・放置う○ちがあったのは、星のやさんの敷地内の芝生の広場・・・大きさからして大きいサイズのワンコのものだと思われます。そしてたぶん、ちょっと前に宿泊した人のもの・・・8回目にして放置う○ちは初めてです。お願いです・・・う○ちだけは片付けておくれーーー><

ちなみに、普段のお散歩でも放置う○ちはやはりあります。

ちょこっと反応することもあるのですが、そういう時は「Franちゃん!!ばっちぃばっちぃだよ!!!」と言ってその場から離れ、「絶対に近づいてはいけない」ということを教えています。
そのため普段はちゃんと避けてくれていて、踏んだりもしないし、ましてやくわえたことなんて一度もないんです・・・

それが、旅行先ということもあって、興奮していたのもあるのでしょう・・・「いいもの見っけ!」とくわえてしまって、papaとふたりで取り上げようと大パニックになったことによってさらにFranの興奮度もアップ!!・・・結果、あっという間にかけらを食べてしまいました。今回の旅行で起きた、唯一悲しい出来事でした・・・

旅行後papaから「う○こイーター」と呼ばれていたFranちゃんでしたが、寄生虫もいなかったことだし・・・これでとりあえず汚名返上?

+++

20130506_140634.JPG

さて、長〜い記録となってしまいましたが、昨日は病院も空いていて、ゆっくりと診ていただくことができてよかったです♪

先生もとても率直にあれこれお話しくださって、信頼できる頼もしい感じを受けましたので、これからはこちらでお世話になろうと思っています。

あー、それにしても、まだ先かな〜と思っていた避妊手術が4日後に・・・目前にせまるとやっぱり辛いものですねぇ(涙)

20130506_103055.JPG

ごめんね、Fran・・・でも、家族みんなで乗り越えようね☆ viviねえたんも見守ってくれているから、大丈夫だからね。

+++

<ごはん覚書>
20130506_200929.JPG
+コロッケ+
男爵芋、豚ひき肉、小麦粉、卵、パン粉(元町のCafe Fourの天然酵母ワンコパンをすりおろしました^^)、オリーブオイル、ベビーリーフサラダ、プチトマト

※先生のご助言通り、さっそく夜ごはんは、炭水化物多目ごはんにしました〜。さすがにお肉がちょっぴりなので、ベビーリーフとプチトマトをみじん切りにして、焼いた鶏ムネ肉少々を混ぜたものも添えてあげました。

20130506_203157.JPG

papa&mamaもコロッケ〜♪ コロッケってめんどくさいからなかなか作らないんだけど・・・久しぶりに作ったら美味しかった♪
Related Posts with Thumbnails
ちょっとぉ、お肉100gって…フランちゃんよりちょっとばかり大きなマリモだって1日40g(鶏むね&豚肉)よ(爆)
鶏肉だけの時はもう少し多いけど。
BUNの値も食事見直せばすぐに基準内に収まりそうね(^^)v
小型犬だから完璧というのはなかなか難しいけど大きな問題も無くて良かったよね。

まだ大きくなるかも…って、年上のマリモがいつまでも威張れるようにマリモよりは大きくならないでね(笑)
mieko | 2013/05/07 12:20 PM
いろんな情報参考にさせていただきます!

パテラ!良かったですね!
先生の、可愛くない子・・・と言うのには笑えました。
シェーは、体高約22僉体重1.6キロです。
体重は増えるにしても、これ以上背は伸びないのでは?と思っています。
最近、体に幅が出てきたので、これからは横に大きくなるのかな?

お肉100gですか!?
シェーは、 60g/日です。
タンパク質の量で計算すると、少ないんですよね〜

ご飯は、苦労しています・・・。

フランちゃん、ウンチ君、やってしまいましたね〜

実は、ここだけの話。笑
シェーもやってしまったのです。乾燥したのをパクリ・・・。
あまりにもショックな出来事でございました・・・。

検便の結果は大丈夫でしたので、忘れようと思います。笑
ゆう | 2013/05/07 2:41 PM
いよいよ避妊手術なんですね。
健康な体にメスをいれるのはやっぱり気がひけますよね。
私はマウロには去勢手術させないつもりでいました。
が、このまま手術しないでいると、尿道や前立腺の病気になるよ
と言われ、泣く泣く6歳半で決心したのでした。
結果、今となっては、あの時していて良かったのですが。

うんぴくん、やっちゃいましたか〜。
犬の嗅覚からすると、ドッグフードの匂いがするんですよね〜。
だからFranちゃんも反応してしまったのかも。
マウロはドッグフードが大嫌いなので(爆)口にしたことはありません。
でも検査結果が何ともなくて良かったですね〜。

診察室で寝てしまうFranさん、図太いですね〜^^;
飼い主さんの不安が移ってしまうってよく言いませんか?
だからvivimamaさんも先生とお話ししている時に
穏やかだったのだと思いますよ。
Franちゃんはきっと安心して、おひざで眠れたのでしょう・笑
maumam | 2013/05/07 7:52 PM
お友達のルイくんに反応しちゃいました。
うちのルイくんとも遊んでほしい~(^-^)v
手術ドキドキですね。無事に終わりますように。
nobuko | 2013/05/07 8:00 PM
ふ〜〜〜ん。

ちなみにコタは1日に170グラム。
(一時期180グラムだったのを減らしたの)
もなかは、1日に130グラムかな〜。
炭水化物はあげてないので、これ以上減らすと痩せちゃうのよ。

理由は忘れたけど(笑)肉食だとBUNが高めに出ることがあるみたいよ。
でも、問題はないって言われたよ〜〜〜。
他の項目にも何かあるなら考えなきゃだけど
BUNだけならそんなに気にしなくてもいいかも。
・・・な場合もあるようですよ。

で、食べたか〜〜〜〜!!
その口で、チュッチュされた?

ゆうこ | 2013/05/07 9:10 PM
そっかー、避妊手術の時期なんですね。
不安はどうしてもありますよね。
でも将来のことを考えるとやはり必要なのかと
そう思ってうちのviも受けさせましたが。
無事でよかったです。
うちのviはおかげでいまのところすっごく健康。
たしかに一般的な見方をすれば「可愛くないパピヨン」だったかも(爆)^^;

あ〜Franちゃん、食べちまいましたか〜!(笑)
viも食べちゃったことあります。
飼い主としては焦りますよね。
体に影響なくてよかったですね。
ほんと片付けていかない飼い主さんの神経がわかりません。
みつける度に腹が立ちます!!

Rosmarinus☆ | 2013/05/07 10:56 PM
フランちゃん4日後に避妊手術なんだ…うちは3わんとも悩んだ末にしてなくて(健康体にメスを入れるのがどうしても決断できなくて><)
でも、しておいた場合のメリットもわかった上でだから、するって決断してもいよいよとなると、いろんな思いが出てくる気持ちもわかります。。
でも、フランちゃんなら大丈夫だよ〜
体重も順調に増えてるみたいだし、何よりブログで拝見するだけでかなり元気な子とお見受けしてますので(笑)
それにさ、mamaさんも言うようにちゃーんとviviちゃんが見守っててくれてるから(^^)

それにしてもフランちゃん1日100gもお肉食べてたの〜!!
てか、人間の老人って100gでいいの?
うーん、プーが老人になても100gじゃとても足りない…って話でなくて(笑)
さっそくのお肉少な目ご飯でも、こんな美味しそうなコロッケだったらフランちゃん喜んで食べただろうね♪

そうだ、ちょっとお聞きしたいのですが、mamaさんがフランちゃんのご飯に混ぜてるアップルサイダービネガーってGREEN DOGのだよね?
前に酸味がマイルドって事だったけど、あの鼻にツンとくる感あるじゃないですかぁ〜あれも多少マイルドだったりする?
プーちゃん | 2013/05/08 2:34 AM
mamaさん、Franちゃん病院お疲れ様でした!
Franちゃん・・・診察室で寝てしまうなんて
さすが!!ですね(^_^;)

うちの子も、水を飲んだ後によくむせるんですよ
気管が弱いのかもしれません(>_<)
小型犬には多いのでしょうかね?

そうですかFranちゃん 食べてしまったのですね
私も、散歩中よく放置されているのを
見かけるのですがちゃんと始末してほしいですよね
皆が気持ち良くお散歩出来るようにマナーですよね
yasu | 2013/05/08 8:53 AM
水を飲んだり、興奮するとむせたようにゼーゼーするのは小型犬には多いことであまり気にしなくてよいようです。でも、飼い主としてはかわいそうだし、心配ですよね。
私は喉や背中をさすって、「大丈夫、大丈夫だよ~」と言ってます。
ただ、この症状、小夏がよくなるの。ちっこい小春はなんないのにね(爆)

避妊手術も心配ですよね。フランちゃんなら大丈夫、天性の太さ(笑)にviviたんもついてるからねっ!
小夏ママ | 2013/05/08 12:39 PM
あららら〜。Franちゃん診察室で、オネムしちゃったのね〜〜Franちゃんらしいわ♪
そして、パテラも問題なし・・・。
避妊手術とヘルニアの手術を行うとのこと、ドキドキしちゃいますね。我が家は、パパがNGで、いまだに出来ずに7才に近づいているから、お腹のなでなでは欠かせない日課の一つになってます(こんないい加減な事で良いのか?)

Franちゃんと、イケメンパピヨンルイ君お似合いカップルですね〜〜。ツーショットがすごくかわいい♪

軽井沢で、そんな事件があったのですね(汗)しかし、それは最低限のマナーですよね。松平がいたころ、毎日我が家の門の前に必ずやってくれてました。サイズからして、このワンコしかいないって、思ってたら、現行犯で声をかけたら無視してブッだけおいてとっとと逃げ去り、それでも毎回やられてました。こちらも防衛策でお花を植えたら見事にチッコ&ブツ攻撃を受けて、お花もやられてしまいました。この限りなく続く闘いは、最近まで続いていたと実家の母が言ってました。因みにそのワンコはゴールデン君だったので、とにかく大きかったです。やっぱり、最低のマナーは守ってもらいたいですよね〜〜。

ごはん、美味しそう♪コロッケ我が家も大好きですよ〜〜。Franちゃん、お肉100g食べてたの?それって・・・。我が家の1人お肉摂取目標です(汗)我が家って・・・。人間が摂取量足りて無かった(爆)
しょこら | 2013/05/08 1:16 PM
病院でも寝ちゃうFranちゃん、本当にすごいです♪
うぅ、うちの内弁慶ビビり君に少しその勇気をわけて頂きたい(汗

Lunaもよくお水飲んだ後に「けふんっ」ってむせています。Lunaも気管弱いのかな。

放置うんうん、迷惑ですよね。
どんな素敵なドッグランでも公園でも、放置うんうん見たら印象最悪になっちゃいます。
しかもあの素敵な星のやの敷地内というのが悲しいですよね。
Lunaは食べちゃったことはないのですが、クンクンしていたことがあって。鼻先に当たっていたかもー!!とそれだけで鼻先を拭き拭き大騒ぎだった私です(><)
まぅ | 2013/05/08 2:04 PM
miekoちゃん
え( ̄  ̄)・・・
だってさーーー、ものの本には成長期の子犬は、成犬の3倍とか4倍って書かれてるんだよ〜。私もうすうすおっかしいなぁ・・・とは思いつつ(汗)
というか、papaからいっつもごはんの量が多い!って怒られてるの・・・全体的に大盛りみたい(笑)なんだろう・・・この、いっぱい食べさせたい病は・・・
「大きくなるかも」って言われて「え!ほんとですか?」って思わず言ったら先生ニヤリとして、「大きくなったら困りますか?」だって^^;小さい犬にこだわる飼い主に対してちくりと言いたい系の先生なのかも(笑)
Fran、巨大化させるよっ!!まずは目指せマリモ超えだっ!!


ゆうさん
参考になるでしょうか〜(汗)
うん!パテラについてはとっても嬉しかったです!!毎日それはもう全力で走らせてますからね〜^^
こちらの先生、、小さい個体にこだわる飼い主に一言物申したい系かもしれません(笑)・・・で、かわいくない子発言みたいな。
シェーちゃん、体重はFranよりないけど、体高は22センチですか〜。Franはどうはかっても、20センチです・・・やっぱり足が短いのかっ(汗)
そうそ、体に幅が出てきましたよね♪Franもおちりがどんどんむっちむちになってます!なんせお肉もりもり食べてましたからね(爆)
シェーちゃんは60グラムですね!参考になります!!私も半分と言われてもやっぱり、60グラムくらいはあげたいと思っています。だって、50グラムって、、、ちょっぴりですよね><
そしてそして、ウンチ君仲間カミングアウト、ありがとうございますっ!!うちだけじゃないんだ・・・って涙が出ました(爆)
そうですね、お互い早いとこ忘れましょう(笑)


maumamさん
そう・・・避妊手術です。日に日にいやになってきて泣きそうです><
でも、viviもあの心臓で乗り越えたんだから・・・とか、あの子もがんばった、あの子も・・・と、お友達の顔を思い浮かべながら自分を納得させようとしています。
あるべき臓器を取らないと病気になるって・・・でも、この世にパピヨンとして生まれた宿命と思うしかないのかもしれませんね。マウロ君もがんばりましたね!
うんぴくん・・・おいしいにおいがしたのでしょうか〜( ̄  ̄)
マウロ君はドッグフードが大嫌いだから口にしない!なるほど〜!!
診察室で寝っころがった時は先生があせってました^^;確かにそういう子は少ないでしょうからね〜。
私はviviたんでだいぶ病院慣れしましたから、どんと来いという精神状態でいられるのかもしれません。viviたんちゃまちゃまです^^


nobukoさん
ほんとほんと!ルイ君というお名前の子はイケメンが多いのかも〜♪
この子もほんと可愛くて、私もお気に入りちゃんなんです^m^
リックちゃんとルイ君もぜひこちらにいらして、Franと遊んでくださいな〜!!
手術、がんばりますね!・・・一番頑張らないといけないのは私かもしれません・・・


ゆうこさん
食事・・・むずかしいよ〜><
だって、文献情報だと、これでも足りないくらいなんだよ??変だよね〜。
炭水化物は、私も子犬にはあまり必要ないと思っていて・・・肉食にしていたんだけど。
そっか、BUNが高くても問題ないっていう先生もいるのね?確かにviviもそうだったしな〜。
でも、血液検査に異常値があったら手術はできないみたいだから、とりあえず先生に従ってちょっとお肉を減らし中・・・明らかに不満そうだけどもね(汗)
で、食べたよ〜〜〜!!!
ちゅっちゅ・・・する前に必死でお口の中拭いたけどね><
vivimama | 2013/05/08 3:22 PM
Rosmarinus☆さん
もう避妊手術・・・早いですよね〜><
体がちっちゃくて心配なのですが、こちらの先生は大きさは関係ないとのことで・・・
でも、お友達もみんなしていますからね、Franにもがんばってもらおうと思います!!
何をおっしゃいますか!viちゃんは、かわいいのに健康なパピヨンさんなんですよ^^
私も先生に「かわいくて健康な子だっていっぱいいます!!」って言いたかったけど、たぶんちょっと、小さい個体にこだわる困った飼い主と思われて、くぎを刺されたのかもしれません(笑)
そして、viちゃんもう○こイーター仲間のカミングアウト、ありがとうございます(笑)
ほんとほんと、とにかく片づけて〜><と思いますよね。だって、落ちてなければ食べないもの〜(涙)


プーちゃんさま
そうそう、プーちゃんちはみんなヒートが来るものね^^
これは本当に難しい問題で・・・きっと正解はなくて、個体にもよるのだと思います。
だって、乳腺腫瘍だって絶対になるわけじゃなくて、きっと最後までならない子もいるだろうし・・・ね。
Franは確かに大丈夫そうな気がするんだけど・・・やっぱり私がね・・・泣きそう(笑)
そうね、きっとviviが守ってくれますよね☆☆☆
Franのお肉の量、やっぱり多い?(汗)というか、ごはん全体が多いのよ!頭の鉢の量よりは余裕で食べてる・・・そしていつもpapaに怒られる・・・
とりあえず今週は先生とpapaに従おうかと思います( ̄  ̄)でもさ・・・わが子にいっぱい食べさせたい!って、母性本能よね!?
アップルサイダービネガーは、そうそう、GREEN DOGのです。
うん、においもマイルドだと思います〜。量多めでドレッシングにしても、むせたりしないし・・・おすすめだよ^^


yasuさん
病院・・・やっぱり気疲れもしますね〜><
そしてFranはやっぱり寝ました(笑)サロンでも、誤嚥性肺炎でお世話になった病院でも、いつも寝ています(笑)
小さな子は気管が細いのですよね。上手に飲めるようになるとよいのだけど・・・ね。
そしてFran、、、食べましたー(涙)
今日のお散歩でもやっぱりあったけど、よけていたので、旅行中はよっぽどテンションあがっちゃったみたいで。
でもほんと、お願いだからう○こだけは勘弁してーーーって感じです><
う○こを放置するような飼い主に飼われている子もかわいそうですよね。。。


小夏ママさま
咳のこと・・・そうですか〜。そうそう、背中をさすってあげると少し落ち着きますよね。
なにせね、viviが、心臓や肺が悪かったもので、人一倍咳にはナーバスになってしまって><
でも意外ですね!小っちゃい子の方がなりやすいというわけでもないのですね・・・
避妊手術も、小春ちゃんもこの前がんばりましたもんね!Franもがんばります・・・私も!!・・・そしてFranは、確かにだいじょぶそう^^;太いですからねー(笑)


しょこらさん
Fran、今のところ、サロンで、病院で、どこででも寝ます(笑)
子犬だから?それともやっぱりふっといから?^m^
乳腺腫瘍も100%なるというわけではないから、悩ましいところですよね〜><おなかなでなでチェックですぐに見つけられればきっとなっても大丈夫だと思うし。
手術は私の方が緊張だけど・・・がんばります><
う○こ・・・もはや事件ですよね、ほんと!
松平ちゃんがいたころのお話もひどいですね〜!!!しかも、声をかけても無視って(驚)しかもしかもそんなに長年にわたって・・・ほんと、う○こを片づけられない人は、ワンコを飼うのはあきらめてほしいものです><
Franのお肉の量、やっぱりびっくり?(笑)そうそう、人間でも100グラムって結構な量ですもんね^^;人間はお肉よりお野菜いっぱいの方がきっと良いですよね☆


まぅさん
病院でも寝ちゃうんです〜(笑)ほんと、怖いもの知らずというかなんというか^^;
先生のあせりっぷりからすると、やっぱりめずらしいのでしょうね〜。
Lunaちゃんもお水飲んだ後に「けふんっ」ってなるのですね。うちでは、viviちゃんが心臓と肺が弱かったのと、Franも誤嚥性肺炎をやっているので、どうしてもナーバスになってしまいます><
小さな子にはよくあることなのかもしれませんね。
放置うんうんは、本当にびっくりするくらいどこにでもありますね・・・時代が変わってもなくならないのかなぁ。。。
そうそう、食べちゃわなくてもくんくんだけでも怖いですよね><寄生虫とかもあるし・・・Lunaちゃんはきっと、まぅさんのそのあせりで「もうしちゃいけないんだ」ってわかったでしょうね
vivimama | 2013/05/08 3:22 PM
Franちゃんの手術は明日でしょうか!?
mamaさん、やっぱり心配ですね。
本人がとっても健康で無邪気でなにも知らないのですものね。
Franちゃんは7カ月前の手術ですね。
Milchもちょうどこの季節、5年前の5月20日でした。
生後7カ月と10日目。
半日入院して夜にお迎えに行きました。
平日でしたが、パパが早めに帰宅してくれて一緒にお迎えに行きました。
それまでおトイレは完璧だったのに、術後数日ベッドの上や廊下でチッチしていました。
身体が変わっちゃったんでしょうね。
エリザベス姿でぐったり寝ているのも可哀想な気持ちでいっぱいでした。

初潮前の手術は正しい選択だったと思っています。

一時的におつらいでしょうが、長い目で見て安心して過ごせますものね。
Franちゃんは大物ですから、さらりと乗り越えてくれることでしょう!!!

頑張って!!
ふぁいとぉ。
sachiko | 2013/05/10 5:32 PM
sachikoさん
ご心配いただきありがとうございます><
もー、毎日ブルーになっちゃって・・・私が(汗)
でもMilchちゃんも同じ月齢頃に手術を乗り越えたのね・・・教えてくださってありがとう。
みんながんばったんだ、って思うと、Franもだいじょうぶって思えるので。
そっかー、おトイレ・・・確かに失敗しちゃうかもですね?つきっきりで見ていてあげようと思います。
ありがとうございました^^
vivimama | 2013/05/10 8:41 PM
COMMENT